2015年12月31日木曜日

2015年の年末年始。

日本と違って、イギリスは大晦日が特別ではないし、年越しに力をいれる文化はない。クリスマスシーズン程、私は忙しくないけれど、やっぱり何かしら準備をしなければらない。

2015年12月30日水曜日

偽りの姿なのに。

施設でFさんと顔を合わせた夫は、Fさんに積極的に話しかけた。とにかく外面だけは良い夫は、相手をもてなそうとする。食堂に移ると、夫はFさんと私に、紅茶を買ってきた。Fさんは、夫の対応にとても感心していたようだった。

2015年12月29日火曜日

外面が良いのは得。

日本人女性のFさんと仲良くなった私は、その日以来、毎日ではないけれど、Fさんと予定を合わせて夫の施設に行くようになった。Fさんの自宅まで私が車で迎えに行くと、必ずFさんの旦那さんの母、Fさんのお義母さんが玄関先まで見送りにきた。すごく優しそうな、お義母さんだなと思った。

2015年12月28日月曜日

海外に住む日本人。

結婚した当初は、異国に嫁いだということもあって、とにかく人との繋がりを持とうと必死だった。夫の友人のパーティーなどに積極的に参加したし、サークル的な集まりがあれば、例え興味がなくても顔を出した。また、日本人のコミュニティーにも、何度か行った。

2015年12月26日土曜日

2015年のボクシングデー。

今朝は、義叔母と一緒に買い物をしに行った。

2015年12月25日金曜日

2015年のクリスマス。

2015年のクリスマスは、例年通り親戚や家族が我が家に集まっている。

2015年12月24日木曜日

アルコール中毒。

この施設は、DVだけの専門施設というわけではなかった。

2015年12月22日火曜日

恋しい日本語。

受付の前にいたアジア人は、とても焦っているようだった。

2015年12月21日月曜日

変わらない日々。

夫のカウンセリング姿を1人で見ていた義母は、「息子は堂々としていて、良かった」と、的外れなことを言っていた。

2015年12月19日土曜日

自分にも、可能性。

グループカウンセリングでの夫の姿をまともに見ることができなくなった私は、ずっと下を向いていた。

2015年12月18日金曜日

一生分の羞恥心。

 夫が、話す番になってしまった。

2015年12月17日木曜日

8人の談話。

グループカウセリングはどうやって始まるのか、すごく興味深かった。

2015年12月16日水曜日

夫の意識。

初めての、夫のグループカウンセリングが始まった。

2015年12月15日火曜日

夫のグループカウンセリング。

夫の担当医であるフランクに義母のことを相談した後、私はフランクと共に夫の病室に向かった。グループカウンセリングに、参加するためだった。

2015年12月14日月曜日

話をする事。

 「ところで、何故義叔母さんは、お義母さんにポリーさんのことを言われたのでしょうか」

フランクがふと言ってきた。

2015年12月12日土曜日

相談。

夫と面会している義両親に「少しフランクと話してきます」と告げて、私はフランクとカウセリングをした。義母のことを。

2015年12月11日金曜日

2人目の患者。

ある土曜日、義両親を乗せて夫の施設に向かった。

2015年12月10日木曜日

気分屋とは。

義母との仲は、もう戻らなそうだった。

2015年12月9日水曜日

義母もDV?

怒ると物に当たるのは、義母も同じだった。

2015年12月8日火曜日

親子は親子。

 義叔母は親切のつもりで、義母に私のことを言ってくれたということはわかっている。でも、何故この義母に言ってしまったのか。

2015年12月7日月曜日

悪いこと。

2ヶ月程、私は義叔父のお見舞いと、夫の施設、義叔母のお世話を続けた。

2015年12月5日土曜日

もしかしたら…。

休む暇がない程、私は忙しかった。

2015年12月4日金曜日

仕事と家事とお見舞いと。

夫が入院する施設には、週3回程行っていた。

2015年12月3日木曜日

意識の問題。

その後、夫の担当医であるフランクと、今後の治療について話した。

2015年12月2日水曜日

離婚は却下。

私は、いつもそう思っている。

2015年12月1日火曜日