2016年10月31日月曜日

家に帰りたくない。

SNS上で友達に登録していた男性達は、皆、夫に勝手に削除された。削除されて数日経ったが、悲しいことに、特に何も問題はなかったし、何も起こらなかった。削除した男性の友人から連絡が来ることもないし、同僚から何かを言われることもない。わかりきっていたことだが、その程度の付き合いだったのだ。次第に私は、夫に勝手に友達を削除されても、まあいいかと思うようになってしまった。

2016年10月28日金曜日

削除。

Facebookは、夫に隈なくチェックされた。やましいことは何一つないので、チェックされても全く問題はない。しかし私は、夫にやましいことをしていると怒鳴られた。夫が言うには、男性の友人と繋がっていること自体がダメなのだ。例え連絡を取っていなく、ただFacebookで友達であるだけだとしても、ダメだと怒鳴られた。

2016年10月27日木曜日

Facebook。

昨夜私は日本の通販サイトで買い物しながら、別の画面でmixiやFacebookを開いていた。今はmixiはほとんど利用していないのだが、たまにコミュニティーを見て情報を集めることがある。一方のFacebookは、ただの他人の日常を垣間見ているだけに過ぎない。毎日飽きもせずに自身の日常を発信している知人の投稿を、意味もなく見ているだけだ。

2016年10月26日水曜日

本心は。

夫は自分の銀行口座を何個か持っているが、私は自分名義のイギリスの銀行口座を持っていない。イギリスに越してきた頃、私は学生でもなく仕事もしていない、ただの主婦だったので、自分名義の銀行口座を作るのは容易ではなかった。もしかしたら専業主婦でも簡単に口座を作れる銀行もあるのかもしれないが、その頃は自分名義の口座を必要としていなかったので、なくてもいいと思っていた。

2016年10月25日火曜日

身に覚えのない支出。

昨日同僚に、「土曜日にポリーの旦那さんを見かけたよ。旦那さん、ジュエリー屋に入ってたけど、何か買ってもらったの?貰った?いいなあ」と言われた。もちろん、何も貰っていないし、何も買ってもらってもいない。身に覚えのないことを突然言われたので反応に困ったが、とりあえず「うん、もうすぐ記念日だからちょっとね」と曖昧に言っておいた。同僚は、「いいなー。うちの旦那なんて何にも買ってくれないよ」と言っていた。

2016年10月24日月曜日

風邪。

昨夜から風邪を引いてしまい、熱が出ている。また、喉が痛く、頭痛も少々。とはいえ、風邪だからといって、そう簡単に仕事を休むのは気が引けるので、今朝はダルいなと思いながら出勤した。

2016年10月21日金曜日

消えた梅酢。

日本に住む母が、私に食料品や化粧品などを詰めた荷物を送ってくれた。本当は日本の通販サイトで購入した冬用のコートだけを送ってもらうつもりだったのだが、気を遣ってくれた母が、コートの他に食料品などを詰めてくれた。その中に、私の好きな梅酢が入っていた。

2016年10月20日木曜日

面接官の一員。

先日職場の先輩が、退職した。ご主人がドイツに、転勤することになったからだ。先輩はドイツに行きたくなかったようで、ご主人とは別居するつもりだったらしい。しかし、色々と話し合いを重ねた結果、渋々ながらもドイツ行きを決めた。例え嫌でも、自分の配偶者の転勤には当然付いていくものだと思っている私は、ギリギリまで「絶対に行きません」という姿勢を崩さなかった先輩が、すごいなと思った。

2016年10月19日水曜日

長引く食事問題。

義母や夫に、作った食事を捨てられるようになってから、一ヶ月以上経ったと思う。最近は何で捨てられているのか、わからなくなった。そもそも何で捨てられているのか…と考えるが、捨てられるようなことを私はしたのだろうか。夫や義母の執念というか、これ程根に持つタイプだとは思わなかった。

2016年10月18日火曜日

洗濯機の憂鬱。

初めて旅行でイギリスに訪れた時、私はイギリスはとても楽しい国だと思った。ビールが好きな私は、どの会社もほぼ同じビールしか作っていない日本よりも、種類豊富なビールが飲めることに喜びを感じたし、古い建物が立ち並ぶ風景は綺麗だなと思った。まあ若かった事もあり、目先の楽しさしか見えていなかったのだろう。

2016年10月17日月曜日

心が弾むのは、不謹慎。

昨日、日本語を学んでいるというデイビットに会ってきた。

2016年10月14日金曜日

拍子抜け。

日本語を学びたいといデイビットの話を、メールで夫にしたのだが、夫は私に返事を送ってこなかった。無言を肯定と捉えていいのか…と一瞬思ったが、後で色々と言われたり、義母に勘違いされて面倒なことになっても困るので、改めて面と向かって言うことにした。

2016年10月13日木曜日

語学を学ぶ。

我が家の近所に住むマリアの紹介で、私はデイビットと名乗る男性に、日本語を教えることになった。まだ彼には会ったことがなく、とりあえず今はメールのやり取りをしているだけ。漢字は読めないが、ひらがなとカタカナは理解できるという彼に、一体私が何を教えることがあるのだろう…疑問だ。

2016年10月12日水曜日

日本語教師。

昨夜のことだ。仕事から帰宅した私が家に入ろうとした時、突然背後から私を呼び止める声が聞こえた。振り返ると、我が家の近所に住む、50代の女性、マリアだった。

2016年10月11日火曜日

私の知らない常識。

義姉から貰った小切手の金額は、「あげる」と気軽に言うには大金だった。私は何度も義姉に貰えないと拒んだが、義姉は受け取ってくれなかった。義姉の中で、ポリーが受け取った=これまでのことは水に流す、という意味なのだろう。そう思うと、やるせなかったし、お金で解決しようとするその心が気持ち悪かった。

2016年10月10日月曜日

小切手で解決。

先週末、私は義姉に「食事でもしないか」と誘われた。夫も義母も義父も皆、外出の予定があり、皆家で食事をしないからか、義姉は私をレストランに誘った。義姉は一人で食事をするのが嫌いなようで、夫や義両親が不在の時、私を食事に誘うことある。

2016年10月7日金曜日

捨てられた朝食。

今朝、朝ごはんにクロワッサンを焼いたのだが、義母と夫に「バターが少なくてコクがない」というようなことを言われて、捨てられた。それを見た義父が、「美味しい。食べないなら私が食べるから捨てるな」と激怒してくれたものの、義母は「ポリーのためを思って言っているだけ」という態度だった。夫に至っては、ただ私への敵意だけ。

2016年10月6日木曜日

やけ食いとラーメン。

夫は数日経った今も、私に見せつけるように、私が作った食事を捨てる。当初はまだそんなに腹が立っているのか…と、随分根に持つタイプというか、夫はいつまでも怒りを消化できないタイプなのか…と少し途方に暮れた。しかし、見せつけるように毎日毎日、私が作った食事を捨てる姿を見ていると、本当にただただ呆れる思いだった。

2016年10月4日火曜日

ゴミ箱。

私は仕事を辞めずに済んだが、気持ちは晴れなかった。相変わらず義母との仲が険悪なのはどうでもいいのだが、夫が私をあからさまに無視してきたり、義母と一緒になって私を責めたりしてくるようになった。

2016年10月3日月曜日

夫の怒り。

翌日義父から、「仕事は辞める必要ないから。堂々と行きなさい」と言われた。